2016/03/09

TallysmanのGNSSアンテナ

性能が高いというTallysmanのGNSSアンテナTW2405を購入してみました。
よく使われているのは防水型のTW2410ですが、試験飛行と記録飛行で使う分には防水不要なので、OEM版のTW2405を選定しています。

TW2405のケーブルは短めでMCXコネクタがついたものです。
コックピットに搭載したGNSSモジュールとアンテナを接続するにはケーブルの延長が必要ですが、ケーブルは駆動系近くを通る予定でメンテナンスがしにくいこともあるので、シールドを外し適切な長さのSMAケーブルに取り替えました。
TW2405のシールドを外した様子
TW2405の基板には"TW2410"とシルクが入っていて、基板が防水版のTW2410と共通なことが伺えます。また、アンテナとLNAの間にはSAWフィルタ用のパターンもあり、追加フィルタありバージョンのTW2407とも共通の基板を使っていることが想像できます。

GNSSアンテナとして動作することはベランダに設置して確かめましたが、肝心のRTK性能については未確認です。
どこか見晴らしがよく電子基準点に近い場所でRAWデータを取って、どの程度Fix解が得られるかをテストしてみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿