2010/12/31

ガス式半田ごてのブタンガス

最近、gootのガス式半田ごてGP-510SETを購入しました。

もちろん、100V電源につなぐタイプの半田ごては持っているのですが、
  • 試験飛行、琵琶湖など電源のない場所で半田付けを行う可能性がある
  • ホットエアで足の出ていないチップ部品を半田付けしたい
ために購入しました。

当然のことながら、ガス式半田ごてを使うためには本体にガスを充填する必要があります。
gootからは専用の充填ガスGP-20が販売されていますが、120gで定価630円と、同じブタンガスを使ったカセットコンロ用のガス(250g×3で400円程度)に比べるとかなり高価です。

そこで、GP-510にカセットコンロ用のガスを充填して使えないかどうか試してみました。

比較に使ったカセットコンロ用のガスと純正ガス
カセットコンロ用のガスと純正ガスでは、注入口の外径が約4mmと約3mmで若干違いますが、カセットコンロ用のガスでも漏れが若干あるもののガスの充填は行えました。

しかし、ホットエアを使ってチップ部品の取り外し作業を行ってみると、カセットコンロ用のガスではほとんど半田が溶けず、1608程度のチップ抵抗でも取り外しに苦労するくらいで、全く実用にはなりませんでした。

カセットコンロ用のガス・純正ガスともに成分表示はブタンガスなのですが、今回使用したカセットガスには沸点の高いn-ブタンが多く含まれ、純正ガスには沸点の低いイソブタンが多く含まれていたので、純正ガスのほうが勢いよくガスが吹き出し、このような差が出たのではないかと思います。
(余談ですが、登山で使うガスコンロのガスは気温に合わせてn-ブタン・イソブタン・プロパンの配合を変えたものを選びます。)

似たようなガスには、ガスライター用のガスがあります。
実物を見たことはないのですが、写真を見る限り注入口の形は純正ガスに近い感じがします。また、ガスを一度ボンベから本体に移して使うという点も同じなので、ガスライター用のものを使えば十分な加熱ができるかもしれません。
しかし、ガスライター用のガスの価格はほとんど純正ガスと変わらないので、純正ガスが手に入らない等の理由がない限り、わざわざ買って試す必要はないかと思います。

2010/12/29

PSoC3の書き込み

PSoC3で開発を行っていたところ、デバイス(CY8C3866PVI-021ES3)に書き込めなくなる、というトラブルに遭遇したので、その原因を探ってみました。
  1. 原因となる操作
  2. 原因
  3. 解決策
の順に書いていきます。

原因となる操作

CY8C3866PVI-021は48ピンのデバイスで、合計31本のIOを搭載しています。
このうち、1ポートに8本のGPIOがまとまっているのは、ポート0とポート1の2つのみです。
PSoC Creatorのデフォルト設定では、ポート1にはデバッグ用のピンが割り当てられており、たとえば8ビット×2として16ビットのバスを構成しようと思うと、デバッグ用のピンの割り当てを解除しなくてはなりません。

そのためには、PSoC Creator上でDebug ports disableの設定を行い、Use Optional XRES Pinのチェックを外す必要があります。
それに応じて、Require XRES Pinのチェックも外すことになります。




XRES関係の2つの項目には、あまりいじらないほうがいいよ、という注意書きがあり、詳しい情報がPSoC CreatorのHelpから得られます。
それによると、Power Cycle Modeでしか書き込みができなくなるので、Power Cycle Modeが使えない場合には、再書き込みが不可能になる、とあります。

今回使ったテストボードは変換基板程度の小規模なものだったということもあり、Power Cycle Modeでも問題は起こらないだろうと思ってプログラムを書き込んでしまいましたが、これが間違いだったようです。

原因

話はPSoC Programmerに移ります。
PSoC Programmer 3.12.2のリリースノートにあるKnown Issuesには、現在のMiniProg3のファームウエアでは、Power Cycle Modeでの書き込み時でもリセットを使用するとあります。
したがって、一度XRESを無効にする設定で書き込んでまうと、再書き込み不能になってしまうと考えられます。

MiniProg3を使ったPower Cycle Modeでの書き込みには、いろいろ問題があった(ある?)らしく、CypressのKnowledge Baseにもいくつか関連する項目があります。
参考までに、関連項目のリンクを貼っておきます。
デバイスを持っていないのでテストをしたわけではないのですが、これは独立したXRESピンを持たない48ピンデバイス特有の問題かと思います。
PSoC3のテストによく使われるCY8CKIT-001CY8CKIT-003に載っているCY8C3866AXI-040は100ピンデバイスで独立したXRES端子を持っているので、このような問題とは無縁かもしれません。

対策

現在のところ、この問題の有効な対策はないと思います。

MiniProg3の新しいファームウエアがリリースされれば、Resetピンを使わずにPower Cycle Modeで書き込めるようになると思うので、それを待ちたいと思います。


2010/12/19

PSoC3はじめました

PSoC3のテストボードを組み立てました。

以前作っていた計測系は、PSoC1を使ったシステムだったのですが、SDカードやカラー液晶を追加して、機体姿勢を計算するとM8Cコアの4MIPSでは少々演算速度に不安があります。
そこで、新しく作る計測系には33MIPSの8051コアを搭載したPSoC3の導入を検討しています。

PSoC3はまだサンプル版しか出荷されていませんが、多くのErattaがつぶされたと思われるES3が12月上旬から供給されだしたので、本格的に導入に向けて動き出しました。 

PSoC3の実験は、Cypressから発売されている開発キットCY8CKIT001やFirst Touch KitCY8CKIT003を使えば簡単に行えます。しかし、これらのキットにES3が搭載されているかどうかがわからないため、デバイス単体をCypress Storeから購入し、実験を行うことにしました。

PSoC3は表面実装タイプのパッケージで供給されますが、いろいろな実験に1つのチップを使い回すためには、DIPに変換したものを持っていると便利です。そこで、えとせとらさんで販売されているテストボード基板にCY8C3866-021ES3を載せ、ES3を使ったテストボードを組み立てました。

テストの様子
写真はアプリケーションノートAN54181にしたがって作ったLED点滅プロジェクトの様子です。

今後、このテストボードを使って、計測系に必要な機能をテストしていく予定です。

2010/12/07

MiniProg3入手

PSoC3/5にプログラムを書き込むために必要なMiniProg3が届きました。

MiniProg3はCypressITショップ「えとせとら」パステルマジック等から入手できますが、今回はDigiKeyから買ってみました。 


「MiniProg3はMiniProgより書き込みが早い」という噂を聞いていたので、評価ボードCY3121-CUSTOMERを使って比較してみました。
どちらのプログラマでも、Power Cycle Mode、Verification:OFF、Auto Detection:ONの条件で書き込みを行いました。
結果は以下の表の通りです。


CY8C21434
(Flash:8k)
CY8C24894
(Flash:16k)
CY8C27643
(Flash:16k)
CY8C29666
(Flash:32k)
MiniProg12秒19秒12秒36秒
MiniProg312秒19秒11秒33秒


どちらのプログラマを使ってもあまりスピードは変わりません。
また、書き込み時間はFlashサイズに比例して長くなるわけではないようです。

2010/12/05

仕様決定

人力飛行機の計測系には、大きく分けて以下の3つの構成要素があります。
  1. 測定部
  2. 記録部
  3. 表示部
このうち1と2は、「何を測るか」を決めてしまえば、ほとんど電装の担当者で仕様を決められる部分です。しかし、3の表示部はパイロットがどの計器を見たいか、どのような形で表示して欲しいか、がわからないと仕様を決めることはできません。また、機体に載せて実際に使ってみて、改良が必要になる場合もあります。

そこで、スカイスポーツシンポジウム後にパイロットの方と簡単なデモを見ながら相談して、計測系の表示部の大まかな仕様を決めました。

表示部は、
  1. 超小型のラジコンサーボを使ったアナログメータを並べたもの
  2. カラーグラフィック液晶を使ったもの
の2つを作り、より良いもの採用することにしました。

どちらも、表示項目は、
  1. 対気速度(バーグラフ)
  2. ペダル回転数(デジタル数字)
  3. 高度(メトロノーム周期・長さ)
  4. ピッチ角(表示色)
の4つです。 かっこ内は、カラーグラフィック液晶を使った場合の表示方法です。

今後は、PSoC3を使ったカラーグラフィック液晶制御のテストおよび地磁気センサの特性評価を行う予定です。

デモに使った基板。上部がデジタル数字のデモ、下部が姿勢指示器のデモ